tubakiya quartette

夏い。暑い。朝のアトリエはサウナの如く。

 

先日椿屋四重奏のライブに行ってきました。昔はひとりで参戦していた椿屋ライブも最近は一緒に行ってくれる友人(スペース専攻/Sちゃん)を発見したので更に楽しい。ライブが終わった後にあれやこれや話せるって倍楽しい。改めて、椿屋四重奏っていうバンドはすごいと思う。以前カラオケで椿屋だと言わずにアルバム曲を唄った時に、一緒に行ったひとがすぐに「これ椿屋?」と言い当てた。わたしが唄ってもわかってしまう位に、曲調だとか、言い回しに個性があるバンドなんだな、とその時思う。ものをつくろうとすると世の中にはたくさんのものが溢れていて、「自分だけの何か」が欲しくなる。椿屋というバンドを見ていると自分達の世界を確実に確立させてそれを世の中にちゃんと定着させつつある、それがすごくかっこいい。出てくるものは違えど、わたしもそんなにんげんにんになりたいなー、なんて、真剣に考える傍らでライブは単純楽しくて、色っぽくて、また秋のツアーも見にいこうと思ったのでした。生まれ変わるなら私も、ボーカルの中田さんみたいな、細くって、色気があって、唄の上手い男のひとがいい。というか唄の上手いにんげんがいい。

ライブ後大須のカフェでごはん。このお店、食器がファイヤーキング。やっぱり可愛い、ファイヤーキング。いつか家の食器をファイヤーキングで揃えてやりたい。野望。そういえばライブハウスの近くにカリモク60のお店が建っていたのをその日初めて知った。ここも近々覗きにきたいね、Sちゃんと話しつつ、また怒濤の7月に戻っていくのでした。