adazakura

明日ありと 想うこころの 仇桜 夜半に嵐の 吹かぬものかは

 

最近、高校時代にこの言葉を授業で聞いたことを思い出す。親鸞聖人のお言葉ですね。(うちは仏教系の高校でした。)

 

明日桜を見ようとしても、夜に嵐が来て、桜は散ってしまうかもしれない。桜の運命と同様に、明日の事は私達には分からない。

 

という意味ですね。今の時期にこの言葉をふと思い出したのは何か意味がある、気が。

今日は展覧会巡りのいちにちでした。

 

TAKOROさんの展覧会(写真:上)に行き、やっぱりわたしは分解シリーズに感動。

 

院展に行き、絵を描く人って素敵だなあと思う。

 

そして、gallery graphの103人のポストカード展(私も出品しています。)(写真:下)で3枚のお気に入りポストカードを購入。

 

たくさんの作り手さんから今日はエネルギーをごちそうになりました。わたしも誰かにごちそうできるひとになりたい。なる。

 

p.s ポストカード展、勿論私wakkyのポストカードも購入できます^^←